脂肪細胞の話

診療

高カロリーな食事、全く運動をしないという生活を繰り返すことによって脂肪はどんどんと蓄積されています。
ただ、厳密には脂肪が増えるのではなく、脂肪細胞が大きくなるということです。
わたしたちの体にある脂肪細胞というのは思春期以降増えることはありません。つまり、食事をすると脂肪細胞が増えるのではなく、脂肪細胞が大きくなります。一つ一つの脂肪細胞が大きくなってしまうことを「脂肪がつく」といわれています。

自分でダイエットをしたとしても、再び食べてしまえば脂肪細胞は大きくなってしまいます。ただ、脂肪吸引を行うことによって、脂肪細胞の数を減らします。よって、リバウンドをすることはほとんどありません。物理的に減らすことが可能なので高い痩身効果が得られます。

脂肪吸引という手術は、美容外科で行なわれています。ただ、脂肪吸引といっても使用するマシンには様々な種類があります。基本的には、固まった脂肪を排出しやすい状態にし、それを吸引していくという手術です。ただ、使用するマシンによって、脂肪吸引の内容が変わります。

使用するマシンによって、レーザーを照射して脂肪細胞を乳化させる、管からジェット水流を流し脂肪細胞を分離させる、高熱で溶かすというような方法の違いがあります。こうした違いがありますし、それぞれのマシンで費用が変わります。
脂肪吸引手術をするという場合には、それぞれマシンの特徴を知り、費用も照らし合わせながら選ぶようにしましょう。
自分に合った手術ができるように、複数のマシンが用意されている美容外科が最適です。